延岡やぶれまんじゅう

延岡やぶれまんじゅう

慶長19年(1614年)には、既に延岡城下で作られていたと伝えられている伝統菓子「皇賀玉(おがたま)饅頭」。皮が破れて中の餡が見えることから、いつとはなしに「やぶれまんじゅう」と呼ばれるようになりました。

その他の画像

延岡やぶれまんじゅう

アクセス

 

copyright 2014 - All right respectived Nobeoka Support Network